ガールズバーでモテる男とは


ガールズバーで働いている女の子たちは普通の女の子が多いですが、そうとは言っても男性を接客することを仕事とし、よく男の人を観察しています。なのでその審美眼は鋭く、モテる為にはかなり細かいところまで気を遣わないといけない事があります。
私が実際に取材をしたり調査をした結果、こんな男がモテるんだという事がわかりました。
 

余裕のある男が一番モテる

働いている女の子に聞いたところ、がっつくようなお客さんにはどこか冷静になってしまうという意見が多かったです。それは飲み物を頼んでくれたりプレゼントを用意してくれるという行為にも当てはまるそう。
勿論ドリンクを御馳走してくれたりプレゼントを贈られたら嬉しいことには嬉しいそうですが、その必死さが乙女心には響かないんだそう。悲しい現実です。
またそういった行為をしてくれる人のことは、お金を使ってくれると上客として認識されてしまうそうです。そこの塩梅はなんとも難しいですね。
 

余裕のある男の行動とは

レディーファースト精神

お客さんとしてお店に来ても、 働いている女の子に対して気を遣える男性が余裕のある男だと言う風に言われるそうです。
飲み物をさりげなく勧めてくれたり、疲れていないか心配してくれたり、お酒が苦手そうな子にはソフトドリンクを頼んだり。そういう女性優先の精神が大人の男の行動だそう。
 

丁寧な言動

言葉遣いと言うのも余裕の男である必要があります。言葉の選び方も大事ですが、 どちらかといえば話し方の方を意識したほうが印象が良くなるそうです。
喋るスピードをゆっくりにしたり、言葉を丁寧に発してみたりするのを心がけるだけで、余裕を演出することが出来ます。
また音を立てないというのも女の子はチェックしています。余裕のある男は、 コップや食器などを使う時も音を立てずに丁寧に扱うそうですよ。そこまで気を遣えると、対人にも繊細な気配りをしてくれるんだと女の子は感じるんだとか。
 

相手の目を見て笑顔で話す

余裕のある男は 相手の目を見て話す事が出来ます。そして 常に口角を上げて微笑んでいるそうです。
確かにしっかり目を見て話してくれたり話を聞いてくれたり、しかも笑顔だったら、こちら側としては安心感を持ちますよね。
 

身ぶり手ぶりが優雅

ジェスチャー付きで話し等をする人は、 相手を楽しませようと言うサービス精神が見えて好感を持てます。
ただその身ぶりを直線的に行ってしまうと、自分の事に精一杯なんだなと落ち着きのない印象を与えてしまいます。ですのでジェスチャーは湾曲のあるように行うと、相手にも優雅に伝わり余裕を持っているんだなと伝えることが出来ます。